Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

2種類の栗きんとん

正月2日目ですね。

皆さん、おせち料理ってどうしていますか?
我が家では、昔は母が作っていたのですが、母の仕事が年末年始は忙しくなったので、去年からは通販のおせち料理を注文しています。
昨年はOISIXのものを頼んで、それがなかなか満足度が高かったので、今年は、amazonで出品されていたAmazon.co.jp: 板前魂 おせち 板前魂の極 和洋風三段重 特大8.5寸重箱 5人前 45品【12月30日着】: 食品・飲料・お酒 通販というおせちを頼んでみました。

 

 

満点ごはん 安心おせち料理 無農薬無化学肥料 安全海域の魚介 安全飼料で育てた畜産物 予約販売

外で売ってるおせちって保存料や食品添加物の塊みたいなイメージですが、最近は無添加のおせちも増えているみたいですね。

今回注文したおせちも、合成着色料・保存料・中国産食材不使用ということで安心して食べられるものでした。具材もたくさん種類が入っていたので、家族で楽しむことができました。

おせち料理の中でも一番好きなのが、「栗きんとん」が一番好きです。

正月は、毎日のように栗きんとんを食べている気がします。正月休みには、毎日コーヒーを飲みなが栗きんとんを食べているきがします。

ところで、栗きんとん聞いて、私が思い浮かべるのは、サツマイモで作った甘い餡に栗の甘露煮を混ぜた黄色い↓の写真のようなものですが、

 

茜丸本舗 栗きんとんあん あんこ 【 糖度 54度 】 ( 3kg ) 業務用 家庭用 【創業70余年 老舗 あんこメーカー】

同じ「栗きんとん」というでも、栗を裏ごしして、茶巾で絞った、↓の写真のようなものもあるようですね。

 

新杵堂 栗きんとん 6個

全国的には、多分上の栗きんとんがメジャーだと思うんですが、どうでしょう?

同じ名前でも上の栗きんとんは、栗が固形の状態で、餡はサツマイモのペースト*1ですが、下のものは固形の栗は入っていなくて、栗そのものが料理になっているという違いがあります。

上の栗きんとんは、ペーストの状態が完成形ですが、下の栗きんとんは栗のような形に整えているので、見た目的にも全然違うものになっていますね。

下の栗きんとんは元々は、岐阜県の中津川という地域で栗がよく取れたことから作られた和菓子らしいです。

上の黄色い栗きんとんは、おせち料理用に考案されたもののようで、両者は全くの別物のようです*2

下の方の栗きんとんは、今のところ食べたことが無いのですが、どんな味がするんでしょうね?

一度、食べ比べてみたいものです。

 

 

 

 

 

*1:さつまいもの代わりに白あんを使っているものもあるようですが

*2:黄色いものは、金運アップ、ということでクチナシで黄色く色づけした栗きんとんが食べられるようになったんだとか