Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

自分がもう2人いればな

今の会社に入社してから、会社にとっては新規の事業をずっと一人でやってました。

芽がでるかどうかわからない中、不安を抱えつつ一年ちょっと続けてきましたが、最近、少しずつ芽が出てきました。

今は、既存事業とも組み合わせて、事業拡大のチャンスがきているかもっていうかんじです。

事業を拡大するにあたって、問題になるのは、人の採用ですね。
前々から上司には、そろそろ仲間が欲しいというリクエストを出しているんですが、なかなかイメージにあう人が見つからないとのことです。
それほど要求してる水準は高くないと思っているのですが、知名度の低い中小企業だと、人を採用するのも苦労するようです。

今は、どこの業界も人出不足ですね。

大手監査法人のように、規模が大きいところにいると、毎年新人が入ってきますし、社内に色々な人がいるので、需要のある部署には人を集めやすかったりするのですが、中小企業はそうもいかないんですよね。

いい人材を獲得することも、事業を拡大していくには、避けて通れない道ですね。

影分身みたいに、自分があと2人いれば仕事はすごい楽だろうななんてことも思います。

ノウハウは自分のなかにある程度蓄積されているし、業務の流れは一通り抑えているんで、自分があと2人いれば、本当に楽に仕事が終わると思います。

でも、やっぱり、それだとなんか物足りないですね。

コミュニケーションで苦労しつつも、違う価値観の人と一緒になにかをやり遂げるってのも、仕事の醍醐味の一つですよね。

早く仲間が欲しい…