Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ScanSnapは、結果的にいい買い物だったと思う。

6年ほど前に買った、ScanSnapというスキャナーが未だに活躍しています。

買ったのは、ScanSnap S1500という型で当時のメールを見ると購入時の値段は32,800円だったそうです。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

Amazonを見ると、同じ型のものが未だに6万円代で出品されているようで(買った時よりも高くなってるΣ(・□・;))、ここまで値崩れしない電子機器は今時珍しいですよね。

買ったばかりの頃は、本を裁断してスキャナで取り込む、いわゆる「自炊」のために使っていたんですが、Kindleの取り扱い書籍が増えてきたこともあって、自炊をすることはほとんどなくなりました。

買った時は高い買い物かな〜とか思ってたんですが、意外と出番が多いんですよね。
かなり活躍してくれて、もう充分元は取ったと思うのですが、まだまだ現役で使えてるので、むしろコスパ的にはかなりいい買い物でした。


今は、細々した書類は、とりあえずスキャナで取り込んで、たいていの場合、紙の方は捨ててしまいます。
いわゆる「書類」の類は今や我が家にはほとんど残っていません。もちろん、保証書や契約書みたいな原本が必要なものは取ってありますけどね。

Scansnapのいいところは、Evernoteとの連携機能がとにかく便利ってところです。
英会話のサークルで配布された資料や、病院でもらう病状の説明や日々のメンテナンス方法なんかの書類を取り込んで、そのままEvernoteに保存してます。Evernoteの方で、分類しておけば、あとで簡単に見返すことができるんですよね。

名刺をまとめてスキャンするときも、活躍します。数枚であれば、ScanableっていうiPhoneのアプリで取り込むんですが、10枚単位になってくるとiPhoneで一枚一枚取り込むのは面倒なので、ScanSnapでまとめて取り込んでます。

ScanSnap×Evernote これは書類整理においては現時点で最強の組み合わせだと思っています。

今持っているScanSnapで、唯一不満があるのは、Wi-fiの機能がないってところですね。使う時はいちいちパソコンに接続しなきゃいけないといけないのがちょっとだけ面倒です。


これを買った当時は、まだまだWi-fi対応機器が少なかったんで、しょうがないんですね。
最新の機種は、当然のようにWi-fi対応になっていますが、買い換えるのは、当分先のことになりそうです。

 

富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A

富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A

 

うーん、今ので充分満足してるけど、やっぱり欲しい…