Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

創業者と現経営陣の対立

最近、気になったのがこちらのニュース
 
ちょうど最近、「海賊とよばれた男」(出光興産の創業者をモデルにした詳説)を読んだところだったので、自分にとってタイムリーな話題でした。
 
出光興産と昭和シェルという、日本石油業界の大手の経営統合が進んでいたのですが、大株主である創業家がそれに反対しているということのようです。
出光興産の創業家とその関連会社は28日、2017年4月に予定する出光と昭和シェル石油の経営統合に反対すると表明した。創業家側は持ち株比率が33.92%に上ると主張している。今後開催が見込まれる臨時株主総会で、統合承認に必要な議決権の3分の2以上の賛成を得るのが難しくなる可能性が出てきた。
最近、この手の創業家と現経営陣との対立という話題が多い気がします。
思いつくだけでも、クックパッド大戸屋も創業家と現経営陣の対立が話題になりましたね。

biz-journal.jp

toyokeizai.net

あとは、大塚家具なんかもそうですね。

matome.naver.jp

 
創業家が統合に反対する理由としては、企業体質が異なるということですが、一番の疑問は「なぜこのタイミングなのか?」ということです。
石油業界の再編は以前からなんども話題になったことですし、去年の11月には「 昭和シェル石油株式会社と出光興産株式会社の 経営統合に関する基本合意書締結のお知らせ」というリリースが昭和シェル、出光興産の両者から発表されています。

確かに、戦後日本の大手石油会社がメジャーに追随したのに対して、出光は唯一民族系の石油会社として対抗し、以降他の石油大手とはずっと対立関係にあったという背景もあります(この辺りのエピソードは「海賊とよばれた男」に詳しく描かれています)。

 

創業家としては、長年対立関係にあった、他の石油大手との統合というのが、心情的に許せないというのはあるのかもしれません。

 

とはいえ、出光が昭和シェルの大株主であるロイヤル・ダッチ・シェルから35%中33%譲り受けることは合意されていて、新会社には石油メジャーの資本は入ることはありません。

 

しかも、同じく業界大手の東燃ゼネラルとJXの経営統合も発表されていますし、出光とシェルの統合が反故になれば、東燃ゼネラル・JXの統合後の会社に大きく差をつけられてしまいます。

 

今年は石油業界の再編が一気に進むと見られていましたが、この先どう転ぶかわからなくなってきましたね。

 

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)