Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

一生をかける仕事の見つけ方

最近、一生を賭ける仕事の見つけ方という本を読みました。
普段は、自己啓発っぽい、意識高い感じのこういう感じの本はあまり読まないのですが、著者が斎藤悠馬さんってことで読んでみました。

斎藤悠馬さんは、大手監査法人の一角のトーマツで、ベンチャー支援専門の部隊を立ち上げ、わずか数年でのべ2000社を超えるベンチャー企業を支援する組織に育てあげた人です。

会計士試験に合格した年次は私の1年前で、歳も近いので、私からすると同世代の星のような存在です。
読んだ感想ですが、単に、意識高いな〜ってだけじゃなく、筆者の熱量がバシバシ伝わってくる、素晴らしい内容でした。

彼自身は、幼い頃の原体験があり、ベンチャーの経営者を助けたいという自らのミッションに若いうちに出会っています。しかしながら、私も含め、多くの社会人、学生は自分のやりたいことが見つからずに悶々とした生活を送っています。

そんな人たちのために、自分のミッションを見つける方法についても、かなり詳しく言及していますし、ベンチャー支援を行う中で身につけた、それを実現するためのノウハウも惜しみなく披露してくれています。

また、筆者の経験も交えながらの語るスタイルのため、トーマツベンチャーサポート立ち上げ時の困難とか、内部の反発とかそんな話しも書かれているので、元同業者としては、その部分も非常に興味深く読ませてもらいました。

 

一生を賭ける仕事の見つけ方

一生を賭ける仕事の見つけ方