Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

人気レストランの味が家で職場で楽しめるUberEATSに未来を感じた

DSCF2052.jpg

最近、UberEATSっていう、今流行りのサービスを試してみました。

サービス提供エリアは、一部の都心部のみですが、ものすごく便利なので、サービス提供エリア内に住んでいる人は、ぜひ使ってみてください。

UberEATSって?

UberEATSの読み方は、「ウーバーイーツ」です。
名前の通り、あのUberが手がけているサービスです。
このサービスを使うと、スマホやPCから、人気レストランのメニューが簡単に家や職場から注文できちゃいます
スマホのアプリから注文ボタンを押せば、何もしなくても食べたいモノが家に届きます。

出前とは違うの?

UberEATSが、ピザとか寿司の宅配と大きく違うのは、UberEATSでは、配達員がレストランと雇われている人じゃないってことです。
UberEATSの配達員は、Uberとの業務委託契約になっていて、配達したものの回数と距離に応じてUberから配達料が支払われる仕組みになっています。
そのため、レストランは、配達員を雇わずに済むので、比較的気軽にデリバリーサービスを始めることができるんですよね。
また、配達員の募集・教育等はUberがやってくれるので、レストランは、作った料理を配達員に渡すだけでよくて、デリバリーを始めるための手間を最小限に済ませることができます。

あの人気レストランのメニューを並ばずに楽しめる

先ほど書いたように、UberEATSは、デリバリーサービスを簡単に始めることができるので、これまで弁当の配達などをやっていなかったレストランが多数登録されています。

例えば、ボリューム感のあるサンドイッチが人気の「キングジョージ」や、

f:id:takkuya84:20161227232732p:image

 ボリューム満点なのに、低カロリー高タンパクな料理が人気の「筋肉食堂」など、実店舗だと行列に並ばなければならないような人気店が多数登録されています。

都心にお店を構えているレストランは、家賃の関係で店舗面積に限界があるので、こういうサービスと相性がいいんでしょうね。

注文はめちゃくちゃ簡単

初めて使った時は、「こんな簡単に職場まで届けてくれるんだ」と感動しちゃいました。

スマホのアプリをインストールして、利用登録すると、アプリ内で、GPSの現在位置情報から、利用可能なレストランの一覧が出てきます。

そこから、食べたい料理を選んで注文するだけです。

職場に届けて欲しい場合は、メモ欄にビルの名前、フロア、内線番号とか書いておくと確実です。

注文時に、配達までの目安時間が出てきますが、ほとんどその目安時間通りに配達されます。

初めて使った時、職場から注文してみたんですが、外にも出ず、電話もせずに人気店の料理がこんな簡単に食べれるものかと感動しました。

全体的なサービスの仕組みについては、下記の記事によくまとまっています。

UberEATSの配達員をやってみたら、長文になった : akiyan.com

今なら、ほぼ無料でランチが楽しめる

こんな便利なUberEATSですが、今は配達料金無料のキャンペーンをやっていて、料理の値段だけで食事を楽しめます(期間限定のキャンペーンなので、いづれ有料化されるはずです)

しかも、いまなら注文時にキャンペーンコードを入力すると、1,500円オフになるので、ランチで使う場合、1,500円以内の料理であれば無料で楽しめます(キャンペーンコードは「eats-takuyaa27ue」を入力ください)。

1,500円以下で探しても、かなり充実したメニューが揃ってますので、今のうちに一度試してみてください。

登録の仕方、注文の仕方については公式サイトに書いてありますので、↓のリンクを参照してください。

UberEATS、東京で開始!