Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

「自炊」よりもプロに頼んだほうがいいんじゃないかと思った話

QWERTY

最近、蔵書の電子化を進めています。
不要な本はあらかた処分して、紙の書籍は書棚に入りきるだけの量になってきているのですが、最近思ったのは、蔵書がいつでも好きなときに読めたら便利だろうなってことです。
電子書籍は増えてきてはいますが、専門書は未だに電子書籍に対応していないものが多いです。
思い切って、蔵書をスキャナーで電子化する「自炊」をしようかなとも思ったんですが、スキャナーを使えば、スキャンはほぼ自動でできるものの、本を解体するのが結構大変なんですよね。
普通の裁断機だと、せいぜい500ページくらいの厚さしか対応していないので、分厚い専門書は、裁断機で裁断する前にも裁断機に挟めるサイズにしなければ行けなかったりと結構面倒です。

↓こういのも使ったことがあるのですが、使えるのは、普通の単行本サイズまでですね。

  by カエレバ

 

どこか、安くて信頼できる電子化の代行業者はいないかなーって探していた中で見つかったのが、BOOKSCANというサービスです。

こういうサービスは納品物の質が悪かったり、本を送ってもなかなか作業に着手してくれないような業者もいたりする中、トップページに著名人のインタビューをたくさん載せていて「なんとなく信頼できそうだな」っていう印象を受けたので試してみました。

BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

実際、100冊ほど電子化してみたんですが、かなり良かったです。

まず、価格は1冊100円からとかなり低価格でできます。これにOCRオプションやら何やらつけると、結局1冊300円くらいにはなるわけですが、プレミアム会員という制度があって、これは月会費10,000円弱で、月50冊までOCRやタイトル付などやってくれるので、1冊あたり200円未満で電子化ができます。

自分で裁断して、スキャンして、チェックしてっていう作業をやると、それなりの手間が係るので、1冊200円弱でほぼ完璧な状態に電子化してくれるサービスがあるのであれば、こっちを使ったほうが断然良いです。

「自炊」を検討している方は、一度、「プロ」に頼んでみることも検討してみてください。