Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

3ヶ月100円ってことなので、WSJに登録してみた

Newspaper sunny yellow

最初に見たときは、お試しで使えるのは一部だけなのかと思ったんですが、本当に100円で3ヶ月間、WSJを試せるようです。
WSJ

3ヶ月100円で、いつでも解約できる

3ヶ月は100円だけど、一年くらい購読しなきゃいけないんじゃないの?って思ったんですが、解約はいつでもできるようです。
なので、3ヶ月読んでみてイマイチだったらそこでやめれば、100円しか費用がかからないようです。
Amazonもそうですけど、最近はお試しで最初の一定期間だけ格安で使えるっていうサービスが増えましたね。
使ってもらえば、良さがわかるっていうことなんでしょうかね。
とりあえず、3ヶ月は購読してみようと思います。

新聞は信頼できる情報ソースの一つ

インターネットに情報が溢れている時代ですが、新聞の持つ情報価値というのは、未だに薄れてはいないと思います。
インターネットの情報と新聞の情報の最大の違いは、世に出るまでに関わる人の数です。
ブログなんかがそうですが、インターネットの情報は一個人だけの判断で世に出せてしまいます。
一方で新聞は世に出るまでに、二重三重のチェックが入るため、情報の信頼性は高いですし、やはり読む価値の高いものが相対的に多いと思います。

情報源は多様化した方がいい

すでに、日経新聞の電子版も購読していますが、お試しをして見て、良いなと思ったら、継続しようと思っています。同じニュースでも、媒体によって扱われ方は様々です。様々な考え方に触れることによって、一つの情報でもより正確に事象を捉えることができるはずです。
現代の「知の巨人」と言われている佐藤優さんや池上彰さんは、新聞を10誌以上購読しているそうです。