Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

「iPadでスクリーンショット→Evernoteに自動保存」がめちゃくちゃ便利

iPad

 
最近、読書にせよ、新聞・雑誌までiPadで読むことが多くなりました。というか、最近では、ほとんどの情報収集をiPadで出来るような時代になってきました。
iPadで新聞や雑誌を読むことのいいところは、荷物が減るというのもあるのですが、気になった記事をスクリーンショットで簡単に保存できるところです。
紙の新聞や雑誌だと、保存しておきたい記事を見つけた時、切り抜いてスクラップブックを作ったり、スキャナで取り込んだりしなければいけないところ、iPadだと、それがスクリーンショットを撮るという一つの動作で出来てしまうんですよね。
iPadで撮ったスクリーンショットは、何もしないと、iPadの写真と一緒に保存されるだけなので、これまでは、週に一回Evernoteにまとめて保存していました。

IFTTTを使うことで、Evernoteへの保存を自動化

ところが、最近、IFTTTというサービスに出会い、iPhoneiPadスクリーンショットを自動でEvernoteに保存できる術があることを知りました。これが、ものすごく便利です。
IFTTTについては、以前も少し書きましたが、スマホタブレットのアプリやWebサービスを連携させてくれる便利なサービスです。この連携の一つ一つは「レシピ」と呼ばれています。
こちらが、今回紹介したレシピです。
このレシピを使うと、iPadでもiPhoneでも、スクリーンショットを撮ると、Evernote側ではそのスクリーンショットを添付したノートが作成されます。
気になった記事を見つけたら、すかさずスクリーンショットを撮る。そうすると、何もせずともEvernoteにスクラップブックが作成されるというわけです。
Evernoteでは、画像の中の文字等も検索の対象となるので、分類等はせずに、まとめて保存しておけば、必要なときには検索すればすぐに取り出せます。

ドラマを絵付きの単語教材に

この技は、語学学習にも応用できます。私は、英語力の維持と趣味兼ねて、Hulu等で海外ドラマを英語字幕で見ています。そのとき、わからない単語や使えそうな表現が出てきたとき、すかさずスクリーンショットを撮るようにしています。

f:id:takkuya84:20170108232132p:image

↑こんな感じです。
そうすると、これもEvernoteに英語字幕付きの画面が保存されるので、後で意味を調べ、その表現のメモを付け足したりすることで、絵付きの英語教材として活用できるのです。

Windowsでは、Evernoteの標準機能で実現可能

PCにEvernoteをインストールしている方は、IFTTTを使わずとも、Evernoteの標準機能でPC上で同じような事ができます。

PCでのスクリーンショットの撮り方は、下記の記事にわかりやすくまとまっています。

jmatsuzaki.com

Evernoteは有料版が断然おすすめ

Evernoteの機能は、無料でも使えますが、がっつり使うんであれば、断然有料版がおすすめです。
Evernoteの有料版は、Evernoteのサイトで買うより、ソースネクスト等ときどきやっているセールで買ったほうが実はお得だったりします(次回はいつセールになるかはわからないので、気になる方はマメにチェックですね)。

ソースネクストの商品サイト

*1:ただし、Netflixは最近、著作権保護のためか、スクリーンショットを撮ると、映像は保存されず(真っ黒の画面が保存される)、字幕のみが保存されるようです