Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ブロックチェーンが財務報告を変える ①

Chains

最近、AIとかフィンテックとかいう言葉が流行りだしてきて、会計業界では、今後この業界はどうなっていくんだろうか?とかそんな話題で持ちきりです。

そんな中で、私が最も業界にインパクトがありそうな技術だと感じているのは、ブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、取引の記録である帳簿が全世界に向けて公開されているので、途中で改ざんすることは不可能です。

 

従って、会社のすべての取引がブロックチェーンを介して行われるようになれば、改ざん不可能な記録による会計データの作成が可能になるのです。

そうなると、経理業務や監査業務という会計の周辺業務というのは大きく変わってきそうですね。

例えば、監査では、個々の取引データの信頼性を検証するために取引とその証憑の突き合わせを行なったり、取引データの作成プロセスを検証したりするわけですが、そういうのは一切不要になるわけです。

監査は、個々の取引データの検証作業より、そこから財務報告への集約・加工のプロセスに重点が置かれるようになりそうですね。

もっとも、それも現在の財務報告の枠組みが続けばという話ではあるのですが、その辺の話はまた次回。