Octopus's Garden

半歩先の生き方・働き方を考えるブログです。

ガラケーは絶滅してしまうのか?

http://www.flickr.com/photos/14536932@N00/36935128

photo by ERIO

最近は、ガラケーのことをフィーチャーフォンとか言うらしいですね。

先日、妻のガラケーが壊れてしまったので、代わりのものを買いに行きました。        

私は、MNPを薦めたのですが、キャリアのメールアドレスが変わるのが嫌ということで、引き続きauを使うしかないということになりました。

 

ガラケーを買うのは大変

まずは、auショップに行ってみたのですが、auショップで携帯本体を買うとけっこう高いんですね。
機種代が分割で月々いくらという表示になっているんてすが、月800円でも24ヶ月はらうとなると、合計するとおよそ2万円くらい。
 
これまで、新機種じゃなければ機種代はただという感覚だったので、これは高すぎる…
 
しょうがなく、中古の携帯を探すことにしたのですが、これがなかなか数が少ないんです。
事前にネットでも調べた上で秋葉原に買いに行ったんですけど、秋葉原でも中古のガラケーを取り扱っている店はかなり少ないです。
しかも、実際に店舗に行ってみると、店頭に置いてあるのはほとんどスマホです。
唯一、ガラケーの在庫が充実しているなと思ったのが、R-mobileというお店でした。ここは、どのキャリア、メーカーのものでもそれなりに品数がそろってる感じでした。
それでも過去の全機種あるというわけではないので、メーカー、機種の色、状態などから、一番希望に合致するもので妥協するという感じでした。
無事に、東芝製の3,000円弱の端末を購入して、auで機種変の手続きを済ませました。
docomosoftbankは、simカードを差し替えればそのまま使えるんですが、auだけはauショップでの手続きが必要なんですよね。

ガラケー利用者の減少

家に帰ってから、ガラケーの市場ってどんな感じになってるのか調べてみたんですが、
やっぱり、統計データを見てみると、ガラケーの契約数は減る一方ですね。

f:id:takkuya84:20150930092217j:plain

2011年頃まで圧倒的にガラケー優勢だったのが、契約者数もついにスマホと半々になってしまってますね。
2011年というと、iPhone4sの発売された年ですね。確かに、このころからスマホに変える人が増えたような気がします。
この動きは、iPhone4s以降、Androidでも魅力的なスマホ端末がたくさん発売されていたこともありますが、キャリア側が戦略的にスマホへのシフトを推し進めていたことが大きいと思います。
このころ、「スマケー」という謎のスマホまで登場しました。
これは私の憶測ですが、携帯キャリアがこれほどまでにスマホをプッシュしたのは、ガラケースマホの使用料金の違いが大きいと思います。
こちらもMN総研のデータですが、スマホ利用者の平均月額利用料金は6,500円程度なのに対して、ガラケーは3,000円弱で、倍以上の差となっています。
ユーザー調査を基に利用端末種類別の月額利用料金(※2)について分析した結果、フィーチャーフォン利用者の月額利用料金は2,739円となった。
スマートフォン利用者の月額利用料金は6,342円となった。フィーチャーフォンの平均利用料金はスマートフォンの平均利用料金の43%と半額以下となった。
スマホガラケーも、いったん通信設備を作ってしまえば、キャリア側が負担するコストは契約者が増えようとあまり変わらないので、当然単価の高い方が増えた方が得をします。
契約者数が同じだとしても、スマホの割合が高ければ高いほどキャリアの利益は大きくなるというわけです。
ほとんどの日本人に携帯が行き渡った今、契約数を増やすのには限界がありますので、売上を伸ばすためには、一人当たりの利用料金が増やす必要がありますからね。
 

ガラケーは消滅するのか?

ガラケーじゃなければ嫌だ、という方も一定程度存在しますし、ガラケーのほうが圧倒的にお財布にやさしいので、これから先、スマホからガラケーに戻す人もかなり出てくるんじゃないかと思います。
最近、SIMフリーガラケーというのが、販売されて即完売だったそうで、こういうのも、今後いろんなメーカーから発売されそうですね。
また、2014年にはスマートフォンの出荷台数が減少した一方で、ガラケーの出荷台数が増加したというデータもあります。
そうなると、2014年を境に、ガラケーからスマホへのシフトの動きはストップして、というか、今後はガラケー回帰やMVNOへの移行の動きが強くなってきそうな気がします。
そうなると、苦しいのは通信キャリアですね。契約者数が変動しなくても、単価の高いスマホユーザーの割合が減って、単価の低いガラケーユーザの割合が増えると、全体の売上は減少してしまいますからね。
今後は、国内の通信事業だけで売上を伸ばすのは難しくなりそうです。softbankがSprintを買収したように、ドコモやKDDIも海外進出や他業種への参入を始めたりするんじゃないでしょうか。

 最近は、「ガラスマ」というガラケーの形をしたスマホを出して、ガラケーユーザーをなんとかスマホに移行させようとしているようですが、効果のほどはどうなんでしょう?

weekly.ascii.jp